安倍首相は独裁なのか?

最近は何かと、安倍首相の強権政治が話題になる。実際に、現在の日本の政界で、安倍首相にまともに対抗できる人物はほぼいない。あえて言うなら石破茂氏くらいだろう。石破氏は安倍氏に対抗すべく、現安倍内閣ではあえて入閣せず、次期政権の構想を練っていると言われている。

アメリカの大統領は、期間限定の独裁政権とも言われ、非常に大きな権力を持っている。

新政権のトランプ氏は矢継ぎ早に政策を実行しているが、そんなトランプ氏も安倍首相に対しては敬意を払っているのではと僕は思っている。

もちろんその一番の理由は国家元首として、安倍首相が民主主義先進国の中でドイツのメルケル首相に次いでの古株であること、しかもそのメルケル首相も間もなく任期が切れる。したがって事実上、安倍首相が一番のベテランになる。

この時期に安倍首相がベテラン首相であることは、あらゆる意味で日本にとって良かったのではないかと思う。その理由は対米・対中関係に関してだ。対米関係に関しては、今トランプ氏をコントロールできる元首は安倍首相だけとなっている。安倍首相がトランプ氏に寄りすぎているのを危険視する人もいるが、僕は非常にメリットが大きいと感じている。

対中関係は深刻だ。もし安倍首相が新人総理ならば、おそらく中国は軍事的・経済的に容赦しないであろう。中国軍機に対するスクランブル発進が数百回とかなり多いことが問題になっているが、安倍首相の強権と実績がなければおそらくスクランブルどころではないであろう。

対米・対中をはじめ、現在何とか日本が上手く切り抜けているのも、経験を積んだ安倍首相の強権があってのものだ。その強権が独裁かどうかと言われれば、「半独裁」という言葉が適切かもしれない。

独裁者と言えば非常に危険なイメージがあるが、独裁者の評価は独裁者の人物次第で良くも悪くもとらえられる。非常に有能な人格者が独裁者になれば、国は非常に豊かに発展する可能性が高い。そのような例が、古代ローマ帝国のマルクス・アウレーリウスなのではないか。

しかし現実は劣悪な人間が独裁者になることがほとんどだ。あるいは独裁者になると劣悪になるのかもしれないが。それらの一番典型的な例が、ヒトラーであろう。

ともあれ、半独裁の安倍首相は、僕は現在の日本にとっては利が大きいのではないかと思う。というより、半独裁ができるくらいの強権首相でないと、現在の東アジアは乗り切れない。それは現在の韓国を見ればよくわかるだろう。

一番心配なのは、次期政権の発足時だ。新米首相が現在の東アジア情勢を乗り切れるか。なかなか難しいことだが、石破かぶれの僕は石破茂氏なら心配ないと思っている。

とにかく現政権下の日本では、強権安倍政権に期待するしかない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA