安倍首相の米両院議会での演説について

日本時間30日午前零時、安倍首相がアメリカ両院議会で演説した。日本の首相としては初のことだ。その演説の全日本語訳を日経新聞でじっくり読んでみた。

内容は過去の大戦に言及する一方、非常に未来志向な内容であった。特に日米同盟に関しては強固にしていくことを強調し、「希望の同盟」と名付けたのが印象的だった。これからの世界平和を日本とアメリカが導いていこうというメッセージにも聞こえた。

もちろんこの演説内容に対して反対する人もいる。中国・韓国系の人とそれに呼応するアメリカ人だ。彼らにとっては内容など何でもよかったのだろう。何を言っても拒絶したであろう。そのような人たちの顔色をうかがっても仕方がない。

安倍首相は安全保障の面で、アメリカと強力に連携していくことを誓い、それに向けての法案成立を約束した。いわゆる国際公約というものだ。この自衛隊と米軍と協力関係についてもかなり重点が置かれていた。

今回の演説は、日米の過去の歴史、現在の国際政治、未来の方向性についてかなりわかりやすく述べられている。この演説で述べられたような「理想の未来」がやってくることを、僕も切に望む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA