学校は何のためにあるのか?

学校の一番の役割は、勉強を教えることだと言う人は多いかもしれない。ではなぜ勉強を教えるのだろうか?それは自分で人生を切り開いていける力を身に付け、より豊かで実りある人生にするためである。だから、人生を切り開くきっかけになるのならば、べつに勉強でなくてもよい。

しかし、受験を一番の目的とした学校も少なくない。受験に受かって希望の学校に入ることはもちろん人生を切り開く重要な一手段であるが、青春時代を謳歌することも実りある人生を創るには非常に重要である。

受験などの目の前にある目的を達成することは非常に重要だが、そのような近視眼的な見方と同時に、人生数十年を見通した大局的な目を持つことも必要である。

現在、人生の目的は多様化しつつある。偏差値の高い学校、大会社に入ることだけが良い生き方だという前時代的な価値観は薄れつつある。人間はそれぞれ個性があるのだから、それは当たり前の事である。

「勉強を教える学校」から「人生を創る学校」へと、大きくシフトすべき時ではないだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA