好きだ!でも苦しい!でも努力はやめない!

僕は子供の頃から好きなことを続けている。それをやめるつもりはない。おそらくやめる時は死ぬ時であろう。とにかく数学と物理が大好きだ!

しかし、「好きなことをやっている=楽をしている」わけではない。好きなことをずっと続けるということは、多くの場合、非常に苦しいものだ。しかし苦しいからと言って、やめようとは思わない。これほど続けていると、苦しさも快感になってくる。

お金を儲けるだけが目的ならば、人に言われることをやるのが手っ取り早いかもしれない。好きなことで儲けるのは、一部の人を除いて至難の業である。

努力したからといって、必ず成功するとは限らない。しかし成功するためには努力することが不可欠だ。「成功するかどうかわからないけど努力する」そういう人の中から成功者が生まれるのだと思う。

12月27日、テレビ番組で元広島カープの投手・黒田博樹さんのインタビューがあった。あれだけの成功者でありながら、現役時代は楽しいと思ったことがなかったそうである。引退後になって振り返った時、楽しかったと思えたそうだ。しかし、僕の勝手な感かも知れないが、黒田選手は野球が大好きだったに違いない。嫌いなことに世界トップクラスの努力はできないはずだ。しかし、好きと楽は違う。好きだからこそ、自分にムチを打って追い込むことができる。

そんな黒田選手の発言を聞くと、僕なんかはまだまだ甘いと反省させられる。「それだけ好きだったら、もっと追い込んで努力しろよ」と。努力したくても、頭が回らない時がある。体がついてこない時がある。しかしそんなことも、自分に甘い言い訳に過ぎないのか。

僕には目標がある。しかしそれを達成するためには努力は不可欠だ。だから今の一番の課題は、目標を達成することではない。努力することである。努力もしないで目標だけ言っても、単なる甘々である。とにかく努力がしたい。

そういえばそのテレビ番組では、水泳の北島康介選手も出ていた。北島選手もとんでもないくらい努力したそうだ。世界のトップを極めた人が、とんでもない努力を自分の口から言うからには、本当に想像を絶するくらい努力したのであろう。

スポーツは、医療のように直接何かに役に立つというわけではない。しかし現代社会では、スポーツ選手の存在は人類を活気付けるために不可欠なものになっている。北島康介選手の努力を聞いて、自分ももっと努力しないと、と我に返る。

なんだか努力努力と言って暑苦しくなってしまったけど、自分を戒めるためにも努力についてしつこく書いてみた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA