失敗を全く恐れない!

日本では失敗はしてはならないものだとよく教わる。その割には「挫折を糧にして」という話をよく聞く。しかし僕はそれは逆だと考えている。失敗は恐れることなくいくらでも積み重ねればいい。しかし挫折は絶対にしてはいけないと考えている。

社会全体が失敗を過度に恐れるあまり、全ての事を無難にやりくりしようと考えようとする。飛び抜ける事より普通になることを考えようとする。それなのに度々挫折をする。もちろんそのような人が多くいる中でも、変革を行い飛び抜けようとする人は少なからずいる。世の中を支えるのは多くの普通の人かもしれないが、世の中を変えるのは間違いなく突き抜けた人だ。

どのような世界でも、公になるのは成功ばかりだ。失敗を成果として挙げる人は一人もいない。だから多くの人は、成功者は失敗をしないと錯覚してしまう。しかし、一つの成功の裏には多くの失敗が存在することを忘れてはならない。

失敗を積み重ねているのは、挑戦している証である。挑戦しない人は失敗することさえできない。

失敗が客観的事実である一方、挫折は主観である。なので周りの人がそれを挫折と言おうが、自分が挫折だと思っていないのならばそれは挫折ではないのである。そのような意味で、「失敗は重ねても、挫折はしてはいけない」と僕は常々考えているのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA