大谷翔平の二刀流に、夢を期待する。

プロ野球・大谷翔平選手が、大リーグ・エンゼルスに入団することが決まった。若きスラッガー、若きエースの活躍に期待が膨らむ。

大谷選手がどう思い、どう感じ、大リーグ30球団の中からエンゼルスを選んだのか知る由はないが、大谷選手が判断して選んだのだから、エンゼルスが大谷翔平選手の活躍に一番適した球団だったのであろう。

大谷翔平と言えば“二刀流”。もちろん投手としても打者としても誰もが認める超一流であるが、僕を含めたファンが望むのは、投手として、打者としてではなく、二刀流としての大谷翔平であろう。もちろん球団にとってはシビアな判断なので、「投手に専念せよ」とか「打者に専念せよ」という声が聞こえるのだが、これらの声を聞いてもすごいところは、「投手」「打者」の双方で大きく評価されていることだ。

エンゼルスは、大谷翔平の二刀流を全面的に支援すると明言しているし、大谷本人は「最高なのはどちら(初ホームラン、初勝利)も一緒の試合でできることだと思います」と述べていることから、同一試合での投手・打者の二刀流も見られるかもしれない。

大谷翔平が“二刀流”とし世界No.1の選手になるのを、期待するのを堪えられないし、野茂やイチローとはまた違うパイオニアとして、これまでの常識を覆してほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA