堂々とすること。

人間は中身が大事とは言うものの、外見は人間を評価するにあたって重要な役割を与える。外見というと服装などの身なりを想像する人が多いかもしれないが、最も大事なのは表情、そして振る舞いである。さらに言うと、表情や振る舞いは決して外見と一言で片づけられることではなく、むしろ人間性そのものだと言える。

僕が最近非常に感じているのは、普段から堂々と振る舞うことが非常に大事だということである。もちろん、ここぞという時に堂々とすることは多くの人が実践しているかもしれないが、普段何気ない時に堂々と振る舞えるかということは、その人の自信や人間性が最も表れるところである。

しかしこれがなかなか簡単に出来るものではない。やはり自分に対して心の底から湧き上がる自信がないと、常に堂々と振る舞うことはできない。しかし常に堂々と振る舞うことができると、周りの人からの印象だけではなく、自分の自分に対する意識がより確固たるものになり、自分の周辺で起きる事柄も自分が動きやすい方向へ回る。

何が起きても堂々と振る舞えるか?これができると自分自身も周りも大きく変えることができる。とは言えいきなり大きく変えることはできないので、小さなことから徐々に意識を変えることを心がけたいものである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA