古舘伊知郎キャスターの報道ステーション降板について

テレビ朝日の報道ステーションのメインキャスターを務めていた古舘伊知郎氏が、報道ステーションを降板することが決まった。報道ステーションは日本を代表する報道番組というだけあって、古舘氏の発言はいつも注目され、賛否両論があった。特に古舘氏は政府・首相に対して批判的であり、安倍首相からもかなり嫌われていたようだが、報道番組が政府を批判できるという状況は、民主主義国家として非常に正常な状態であることを示している。

また古舘氏の発言は偏向的だとも言われているが、人間が務めている以上、偏向的であることは普通ではないかと思う。もし何にでも平等的な報道をしないといけないのなら、そんなことはロボットにでもやらしておけばよい話である。特に報道ステーションは、その前のニュースステーションの時代からメインキャスターの存在感が強く、久米宏の、そして古舘伊知郎氏の番組であると言っても過言ではないであろう。古舘氏が自分の色を前面に出していたからこそ、視聴者の高い支持を得られていたとも言える。

気になるのが次期メインキャスターだが、現在有力視されているのが宮根誠司氏である。宮根氏は昼の番組で非常に分かりやすい司会をしており、昼の顔として定着しているが、報道ステーションのメインキャスターをするとなるとイメージのギャップがある。しかしそんなことは古舘氏が就任するときにも言われていたことで、数か月もすれば慣れることだろう。

報道ステーションのメインキャスターは常に報道の最前線に位置する。圧力もプレッシャーも半端ないものであろう。その重責を12年間担ってきた古舘さんには、お疲れ様と声をかけてあげたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA