公開訓練中にスクランブル発進

那覇空港での戦闘機一般公開訓練中に本番スクランブル発進したそうだ。那覇空港からのスクランブル発進は年に800回にのぼるらしい。ほとんどは対中国機だ。

沖縄米軍基地問題など自衛問題で国内はもめているが、実際にこのような日々の緊張感の中で自国領土は守られている。訓練中のスクランブル発進はこのような絶え間ない緊迫感を感じさせるものだ。

自衛官は24時間常に緊張感の中にいる。空白は決して作ってはならないのだ。空白ができた途端、我が国は奪われる。

自衛官の役割は多々にのぼる。東日本大震災時の自衛官の活躍は記憶に新しい。国を守るのは自衛官だけではなく、海上保安庁なども24時間体制で監視している。

軍事関連のことにアレルギーのある人も多く、軍事、あるいは自衛のことになると無条件に批判する人がいる。確かにこんな物騒なことはないに越したことはない。しかし現実問題として、これらの24時間体制での監視のもとに我が国は守られている。

我々の平穏な日常は、自衛官・保安官などの24時間体制の緊迫感のもとに成り立っていることを忘れてはならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA