僕には文学的感性はあまりないが。

昨日、本屋に立ち寄ると、さっそくノーベル文学賞受賞者、カズオ・イシグロさんのコーナーが設置されていた。まだ十分に仕入れができていないせいか、本の冊数は少なかったが、五タイトルほどの小説が揃っていた。

何気なくイシグロさんの小説を手にとって眺め、裏表紙にあるあらすじを読んでいると、「日の名残り」という本がなんとなく気になった。しかもこの本は文庫で360ページほどで、決して分厚くなく(もちろん薄いわけでもないが)読みやすそうだったので、ノーベル賞を受賞されたことも読むきっかけにはちょうどよいと思い、この本を購入することにした。

最近は小説とは無縁の生活を送り、ここ数年、小説などは全く読んでいなかったのだが、以前小説を読んだのはいつだろうかと考えると、何年も前(たぶん十年くらい前)に島本理生さんの「ナラタージュ」を読んで以来全く読んでいないことに気付いた。もう少し読んでいたと思っていたのだが・・・

半年ほど前に、ナラタージュが映画化されることを知って、これが公開されたら観に行こうかと思っていたのだが(最近公開されたみたいだ)、僕自身、映画は全くと言っていいほど観ないので、行くきっかけがなくてどうしようか迷っている。僕は映画に対する感性もあまりないと思っている。そして映画の料金がいくらするかということも、千円台くらいということしかわからない。

話しは初めに戻るが、イシグロさんの「日の名残り」を読んで面白かったと思えるのかどうかわからないが、読んでよかったと思えることを期待している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA