例外を作らない。

あらゆる分野に関して、必ず例外というものが存在する。時には例外が大きな変革を起こすことになる。しかし自分の内面と向き合い自分を変えようと思っている時、例外を作ることは許されない。

自分の内面に関して例外を作ってしまうと、そこが逃避地になってしまう。逃避地が存在していると、いつでも逃げられると思ってしまい自分を変えることができない。もちろん今の自分に満足しているのならば問題ないが、自分を変えようと試行錯誤している時には、あえて逃避地を作らず覚悟を決めることが重要になる。

僕自身、自分を変えなければならないところは多々ある。そして常日頃自分の弱点を克服しようと試行錯誤している。そんな時、逃避地の存在、そして例外を作っていることが逃げにつながり一向に変えられないことに気付いた。

自分を変えようとする時、初めの一歩には勇気がいる。初めの一歩を踏み出すことに、自分を変える労力の99%を使うと言っても過言ではない。しかしその一歩を踏み出せば、自分の内面の世界が大きく変わることが実感できる。

今日、その一歩が踏み出せたような気がする。この一歩を確実にものにし、その後の百歩へと何とかつなげようと覚悟を決めたところである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA