余裕を持つこと、限界まで力を出すこと。

生きることに全力を出すことを心がけている人と、余裕を持つことを心がけている人がいる。どちらの方が良いという訳ではないが、普段は余裕を持って生きる事が重要かもしれない。しかしここぞという時は、限界まで全力を出すことは必要だ。

現在、メジャーリーグの大谷翔平選手の肘のけがが問題になっている。素人が草野球をするのと違って、最高峰の舞台でプレーするプロ選手はけがをするかしないかのギリギリのラインでプレーするので、少し力の入れ具合を間違うとそれがけがにつながってしまう。

イチロー選手の凄いところはけがをほとんどしないところで、単に運が良かったという訳ではなく、どこまで力を出し切ってそれ以上は出さないという塩梅を心がけていたから、限界の力を出しつつけがをしないでプレーできたのではないかと僕は考えている。

大谷翔平選手は非常に真面目な選手なので、どうしても限界以上の力を出し切ろうとしてしまうのではないだろうか。僕も大谷選手のファンなので、けがなく活躍してほしいと強く願っているが、力の加減を把握せずにけがをしてしまうのは、それも実力に関係しているのだと思う。プロの世界は「けがをするかしないかも実力のうち」だと言われるゆえんだ。とは言え、二刀流のもう一本の刀である打撃で大きく活躍しているのは、非常に嬉しい限りである。

自分の取り組んでいることに全力を出すことは非常に重要であるが、普段生きていく上では余裕を持つことが重要である。また人間関係では大きく余裕を持って接していきたいものである。それが人間の器というものである。

現在、僕自身が余裕を持って生きているかと言われると、はっきり言って自信がない。結構ギリギリのラインで生きているように思える。しかしそのギリギリのラインでの人生の攻防もそれはそれでエキサイティングであり面白い。とは言え、人間関係では大きな度量を持つことを心がけたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA