他人のアドバイスを聞くだけではなく、自分の頭で考えて生きることが重要だ!

とにかく日本では、他人の意見を聞くこと、アドバイスを聞くことが非常に重要視される。自分で考える前に、いきなり他人に意見を求める人も多いのではないだろうか。もちろん他人の意見がもっともなことも多いが、他人の意見を聞くばかりに、自分で考えることを放棄してしまう。本末転倒だ。

自分の考えに基づいて行動を起こし失敗したら、どう思うだろうか。周りの人は、やはり人の意見を聞くべきだったというかもしれない。しかし失敗してもそれでいいのである。失敗することは悪いことではない。失敗は次への糧である。例え他人の意見を聞いたとしても、それで成功する保証は全くない。他人の意見に従って失敗したら、果たして納得できるであろうか。

成功することは非常に重要である。もちろん失敗はしない方がいい。しかし失敗は悪ではない。成功や失敗ということ以上に、自分の頭で考えて導き出し行動したかということの方がはるかに重要である。失敗も自分で考えて行動した結果であるからこそ、糧となるのである。

自分で考えたことに対しては、自分で責任を負わなければいけない。それくらいの覚悟は必要である。しかし自分の頭で考えない、そして覚悟もない、そんな人間が非常に多い。もちろんそんな考えや覚悟はなくても普通に生きていけるかもしれない。しかしそんな人生にいったいどれだけの価値があるだろうか?

人生は有限である。有限であるから人生は価値があるのだ。永遠の命などには価値はない。この有限の人生をどれだけ価値あるものにできるか、その一つに、自分で主体的に考え生きていくということが必要だと言えるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA