他人に対して興味を持つこと。自分の事に没頭すること。

他人の事に興味を持つことは、非常に大事である。とは言っても、有名人のスキャンダルとかそんなことではない。そんなことはどうでもいい。興味を持つべきは、他人の生き方、他人の技術、他人の知識など、自分に対してフィードバックできることに興味を持つことが大事である。他人のことなどどうでもいいという姿勢が、自分に対して没落的な方向へと向わせることになる。

その一方、他人のことなどお構いなしに、自分のすべきことに没頭することも大事である。他人の眼ばかり気にしていれば、新しいことはできない。革新的な事を成し遂げるためには、他人の眼ではなく自分の信念を貫くことが大事である。

周りの事のうち何に関心を寄せ、自分の事のうち何に没頭すべきか。それは自分の目指す生き方、そして目指す職人像によって変わるであろうが、どのような像を目指すにしても、基本的なことは共通しているので、その共通する基盤はしっかりと把握しておかなければいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA