他人からの評価。

「人間」という言葉があるように、人は人の間で生きている。したがって他人からの評価が気になるのは当然である。他人の評価なんて気にするなとは言われても、社会の中で生きている限り他人からの評価からは逃げられない。自分一人だけの評価で生きようと思えば、もう仙人にでもなるしかない。

とは言え、他人の評価を過剰に気にしすぎるのも良くない。自分の価値観を確立し、自分の物差しを持つことは重要である。自分の評価というものをしっかりと持たないと、他人に振り回されるだけだ。

自分の観る世界と他人が観る世界は違う。同じものを観ても色が違う。だからこそ同じ世界に生きていても多様な価値観が生まれるのである。多様な価値観は世界を実り豊かなものにする。多様な価値観を認める世界は懐が深い。単一的な価値観だけで物事を進めても、どこかで行き詰ってしまう。そのような限界を突破するためにも他人の評価というものは必要である。

自己評価と他人からの評価、その双方からの評価をもとに、バランスのとれた実行力を身に付けることが必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA