人生、努力している途中。

高い目標があれば、それを達成しようと努力をするのは自然な事だ。では今までの人生の中で最も努力したことは何だろうか?スポーツとかいろいろあるだろうが、多くの人は学生時代の勉強だと答えるのではないだろうか?もちろん勉強することは非常に建設的な事であり、非常に意義のあることだと思う。しかしその絶頂を「受験」という一イベントだけに置くのは非常にもったいないことだ。

勉強で得たものは受験で合格した後は無用の長物になるのだろうか?そんなはずはない!人生において一貫して意味を持つものだからこそ、勉強は評価されるのである。逆に言えば意味のある勉強をしなければならないということである。学校を卒業し世の中を走っていくにあたって、それまでに努力して勉強したことを武器にして進んで行かなければならない。

人生観というものは人によってさまざまであるが、僕にとって余生という概念はない。百歩譲って余生があるとすれば、それはもう死んだものと捉えて何事にも恐れずに飛び込んで行ける度胸を身に付けるものであると僕は思っている。そういう意味では僕のこれからの人生の中にも余生ができるのかもしれない。

僕には高くて大きな目標がある。それを成し遂げるためには人生常に努力していかなければならないと思っている。今、僕の人生は努力している途中である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA