五輪エンブレム騒動で思うこと

最近は佐野氏の五輪エンブレム盗作騒動でもちきりだ。五輪エンブレムが発端となって、サントリーのバックに印刷されている絵のデザインなどの騒動をはじめ、佐野氏周辺のあらゆるところに波及している。このことに関しては僕は二つのことを心配している。

一つは佐野氏の精神状況だ。佐野氏が本当に盗作したか、たまたま似てしまったか、僕には断言できない。それは佐野氏自身しかわからない。しかし佐野氏が故意にしたかしなかったかにかかわらず、現在の佐野氏に対するバッシングは異常だ。現在まで似たような騒動で悲劇が繰り返された。去年もSTAP細胞騒動による笹井氏の自殺という悲劇が起きた。佐野氏がしたことがどう裁かれるか、それは裁判所のみが知るところである。一般のネットユーザーが想像とノリで中傷を書き込むことは時には犯罪になる。佐野氏のエンブレムは確かにベルギーの劇場にエンブレムに酷似している。これは故意にしたかどうかにかかわらずチェックを怠ったことに関しては佐野氏のミスであろう。しかし今のメディアが搖動しているバッシングが異常だ。佐野氏の身上を心配する。

そしてもう一つは他のデザイナーへの精神的な影響である。佐野氏のデザイン酷似でこれだけバッシング・中傷されると、他のデザイナーも委縮してしまう。自分の作ったデザインが独自の発想で作ったものであっても、もしかしたら他に似ているデザインを発表している人がいるかもしれないという恐怖である。実際、一部のデザイナーの間ではデザイン考案に大きな不安を感じる人もいるみたいだ。全てとは言わないが、似たデザインが知らず知らずに考案されることは十分にあり得ることだ。その可能性もあることを全ての人は理解すべきである。デザイナーが委縮して思い切った仕事ができなることを僕は非常に恐れる。

とはいえ、今回のオリンピックエンブレム騒動はひとまず取り下げという手段がとられ、新たなエンブレムを選考することになった。日本国民全員が気持ち良く東京五輪を迎えられるように新たなスタートを切ってもらいたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA