二兎追い二兎仕留める大谷翔平の凄さ。日ハムの優勝を完封で締める。

9月28日、プロ野球の北海道日本ハムファイターズがリーグ優勝を決めた。先発のマウンドに上がったのは大谷翔平。その大谷は最後までマウンドを降りることはなかった。まさしくパーフェクトと言っていい完封勝利だ。

それにしてもこの若者はいったい何者だろうか。普通は一つのことに打ち込み頂点にのぼるのが最高だと誰もが思うだろう。しかしこの若者はそれよりも上があることを示した。二つのことに挑んで、両方で頂点を取る。現在のプロ野球で最高のピッチャーが大谷であることを疑う人はいないだろう。そして打者としても最高レベルである。その大谷が「完封」で優勝を決める。もう、何か持っているというレベルの話ではない。

大谷がドラフト1位で日ハムに入団した当時、専門家たちは誰もが二刀流で極めるのは無理だと断言していた。名将野村元監督でさえ絶対に無理だと断言していた。しかしただ一人二刀流の可能性を信じていた人がいた。大谷を入団へと導いた日ハム・栗山監督だ。まさしく大谷の二刀流は栗山監督あってのものだといっても言い過ぎではないだろう。

ただ、大谷の成功を見て、普通の人が二刀流に挑戦するのはほとんどの場合無謀だろう。もちろん、普通に二つのことに取り組むというレベルのことならあり得るかもしれない。しかし、二つで頂点を極めるとなると話は別だ。

野球界に限らず、大谷翔平のように二刀流双方で頂点を極めた人は思い浮かばない。大谷の後に大谷は生まれないような気もする。大谷翔平の二刀流は、今まで誰もが想像しなかったことだ。

我々はまず一つのことをコツコツと進めていくしかない。そこで才能がかなりあり、限りない努力をすれば、一つのことで頂点を狙える可能性が出てくるかもしれない。調子に乗って二刀流で頂点などということは考えない方がいい。二刀流で頂点は、大谷翔平に任せよう。

われわれ外野は調子に乗って、「メジャーでも二刀流で頂点を」と欲を出してしまう。しかし、この大谷翔平という若者なら無理ではないかもしれない。こんなことを考える僕はバカであろうか。

二兎追い二兎仕留める大谷翔平の凄さ。日ハムの優勝を完封で締める。」への2件のフィードバック

  1. 二刀流に賛成していた人は他にもたくさんいましたよ。

    メジャーリーグに関して言うと、ごぞんじでしょうが、ホームランも打率も勝ち星も残すバッターピッチャーは居て、そうした成績を讃えるシルバースラッガー賞(投手)というものがあります。
    その過去の成績からすると、メジャーにうまく馴染めば、大谷がNo.1のスラッガー兼ピッチャーも全然ありえると思います。

    • 木原 康明

      二刀流に賛同していた人はたくさんいたと思いますが、野球専門家では栗山監督以外には思い浮かびませんでした。
      大谷選手がメジャーに馴染み、メジャーでも二刀流で頂点を極める日が来ることを、僕も楽しみに待っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA