リスクを取らないことが最大のリスクだ!サッカーW杯・日本代表を観て。

19日、サッカーワールドカップ・日本代表対コロンビア代表の試合があった。日本代表は下馬評を覆す大金星でまずは一勝を挙げ、グループリーグ突破が明確に見えてきた。

前半3分、コロンビア選手のレッドカードで一発退場。そして香川選手のPK。そこで先制点を奪い、さらに日本の数的優位になりこのまま安泰。

と思いきや、

その後コロンビアが同点弾を挙げる。とは言え数的優位に立っているので本来なら日本が有利であるはずだが、前半終了直前の状況を見て僕はかなり悲観的になっていた。日本代表は完全に守りに入っている。パスは全て横パスだ。コロンビアに対して全くプレッシャーをかけることができていない。このままいけば確実に後半で逆転されて負ける。正直そう思った。

しかしハーフタイムが救いだった。ハーフタイムでおそらくその辺の指示が出たのであろう。後半が始まってからの日本代表は見違えるように変わっていた。横パスが全て縦パスに変わり、断続的にコロンビアに対してプレッシャーをかけていた。それを見て今度は、これは勝てると確信した。

結果、日本代表の勝利!日本代表、おめでとう!

この試合を観て思ったのは「リスクを取らないことが最大のリスクだ」ということだ。前半終了間際の日本代表は完全にリスクを避けていた。それがために相手にプレッシャーをかけられずに危機的状況に陥っていた。しかし後半に入りリスクを取る集団に変貌した。この試合の一番の勝因は、後半に入ってリスクを取りに行ったことだと思う。

人間は有利に立つと守りに入るものかもしれない。そこで再びリスクを取れるかどうか?そこがその後の分かれ道であると言えるだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA