ユネスコの政治利用の応酬について

最近、ユネスコの政治利用がかなり醜い。韓国の慰安婦問題、中国の南京大虐殺問題、そして日本も例外ではなくシベリア抑留を申請しようとしてロシアから批判を浴びている。

これらの問題を歴史として記憶することは大いに意義があるが、それらを国際機関に遺産として登録するのは非常に疑問である。まずはじめにそれらの事実関係を立証するのが非常に難しいことがある。登録申請側は自国に有利な事象を、そしてされた側はそれらの事象に猛烈に反発している。

例えば南京大虐殺を例にとると、中国は30万人が虐殺されたと主張している。それに対して当時の南京の人口は25万人だと言われている。この様に明らかな矛盾なら真偽は判断しやすいが、何しろ歴史は過去の事実であって確実な証拠が残っているとは限らない。慰安婦問題についてもどれだけの人数が犠牲に、いやその前にそれらの事実関係は本当に正しいのか、判断材料に乏しいのが現状である。

ユネスコの遺産登録制度は歴史の美点・酷点を忘れないように後世に残すためにできたものであろう。しかし現在は完全に政治手段・プロパガンダに利用されているだけである。このユネスコ遺産の現状を今一度検証し、システムを一新するか廃止するか、考え直した方がいいのかもしれない。現状のユネスコ遺産は明らかに病的な状態に陥っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA