プロスポーツの健全な盛り上がり方

テレビ番組で、今話題のラグビー・五郎丸選手が出演されていた。五郎丸選手と言えば今では日本人なら誰でも知っている超人気者だ。そんな五郎丸選手が活躍したラグビーW杯日本代表だが、イングランドに出発するときの空港での送り出しに集まったファンは数十人だったという。それがW杯で活躍し、凱旋帰国した空港での歓迎に集まったファンは数百人に上ったという。この様なにわかラグビーファンに苦い顔をする人も多いだろうが、僕はむしろこれがプロスポーツの健全な状態であると考えている。

もちろん末永くどんな時も応援するコアなファンはそのスポーツの基礎体力であり、スポーツが社会に根付くために絶対的に必要なものであるが、にわかファンの数はそのスポーツの現在の力のバロメーターである。にわかファンが多いことは非常に素晴らしいことなのである。しかし選手たちが油断をするとそのにわかファンたちは逃げていく。しかしにわかファンを長く惹きつけることができればその一部が固定ファンとなり基礎体力となる。

そしてもう一つ、にわかファンは芸人で言う一発屋に似たところがあるかもしれない。そしてにわかファンと同じように一発屋を否定しバカにする風潮がある。しかし考えてほしい。一発屋になれるのは数多くいる芸人のうちのほんの一握りなのである。ほとんどの芸人は一発屋にさえなれないのである。地道にコツコツと積み上げて少しずつ人気を上げていく芸人は言うまでもなく素晴らしいが、一発屋をきっかけにして人気に火をつけるのも一つの手段である。

現時点の日本ラグビーは一発屋かもしれない。しかしこの状態を、この強さを持続できれば必ず真のメジャースポーツになれる。そうなることを僕は非常に願っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA