ブランディング戦略。

ブランドと言えばエルメスやルイ・ヴィトンのようなファッションブランドが真っ先に思いつくが、何もファッションブランドだけのものではない。トヨタのレクサスやソニーやパナソニックだって立派なブランドである。ではそもそもブランドとは何か?

ブランドとは信用でありイメージである。そしてそれらの特徴として、作り上げるには非常に長い時間と努力、そしてお金が必要だが、崩れ去るのは一瞬であるということである。そこにブランド構築の難しさがある。

ブランド化の大きなメリットは何か?それは大きな付加価値である。ブランド化することによって価値は何倍にもなる。全く同じ商品でもブランド物とそうでない物では値段が桁違いである。ではそこまでしてブランド料を払う価値はあるのか?それは価値があると思う者は払い、価値を感じない者は払わない。ただそれだけである。ただブランド料というものも、全く無意味ではない。ブランド料は信用料であり、満足料である。それで自分が満足できればそれで充分である。

ブランディング戦略は物だけでなく、人にも応用できる。自分をブランド化することによって自分の価値を高め、人付き合い、そして仕事において優位に進めることができる。

iPS細胞の山中伸弥教授が、“VW”、つまり「ヴィジョンandハードワーク」が重要だとよく言われている。ハードワークだけでは量は稼げても質は稼げない。質を稼ぐのに必要なのがヴィジョンだ。そしてヴィジョンを持って質を稼ぐことはブランディング戦略にも通じるものがある。

日本にブランドがなかなか生まれないのは、ハードワークは得意だがヴィジョンをなかなか意識できないというところに原因がある。日本という国が成熟した現在、次に進むにはヴィジョンを持って、人・物・国をブランド化することが必要ではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA