スポーツ選手への報奨金は高いのか?安いのか?

オリンピックが終わり、世の中も少し落ち着きを取り戻した感がある。競技が終わった今話題になっているのが、メダリストへの報奨金だ。特に金メダル2個を獲得した高木菜那選手への報奨金が話題になっている。

高木菜那選手への報奨金は、日本オリンピック委員会とスケート連盟から計2000万円。その他に所属企業から4000万円が出るらしい。そこで気になるのが税金だが、オリンピックの報奨金は、日本オリンピック委員会などから出る一部の報奨金に関しては非課税であるらしい。しかし所属企業から出る4000万円にはもちろん課税される。

非課税で有名な賞金と言えばノーベル賞の賞金であるが、ノーベル賞以外にも非課税報奨金(オリンピック報奨金)があることは、今回初めて知った。メダリストがこのお金をどんなことにつぎ込むのか、はっきり言って余計なお世話であるが、勝利の対価として得る何千万円は決して高くはないように感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA