カズオ・イシグロさん、ノーベル文学賞受賞。

日系英国人のカズオ・イシグロさんが、ノーベル文学賞を受賞した。日本人として嬉しい限りだ。その一方、僕はイシグロさんのことを何も知らなかった。そんな無知な自分が恥ずかしい。

前評判では、村上春樹氏の受賞が有力視されていた。それを覆してのイシグロさんの受賞。有力候補が受賞するのはもちろん素晴らしいが、今回のような驚かされる受賞もまた素晴らしい。

村上春樹さんが偉大な作家であることは異論がないと思うが、僕は村上さんの作品に対してあまり感じるところがない。以前、村上春樹さんの「ノルウェイの森」を読んだが、読み終わっても特に何も感じることができなかった。もちろん、僕自身に文学作品に対する感性がないということなのだろうが、個人的には村上春樹さんの作品を再び読む気にはなかなかなれない。

今回受賞されたイシグロさんの作品はもちろん読んだことはないが、イシグロさんの作品を読んで素晴らしいと思えるかと言われると、正直自信がない。なので、僕自身は村上さんやイシグロさんに対して評論する資格など何もなく、ここで述べる資格もないのかもしれないが、イシグロさんという日本生まれの作家がノーベル文学賞を受賞されたことは、素直にうれしい。そしてこれから先、村上氏が受賞された際は、村上作品の素晴らしさを、この文学感性のない僕に教えてほしい。

カズオ・イシグロさん、ノーベル文学賞受賞。」への2件のフィードバック

  1. 通りすがりの科学ファン

    今回は日本国籍の受賞者がなくて残念ですね。探求としての科学が花開くかは、時の権力者(今なら株主、経営者、官僚かな?)のリテラシーが鍵を握っていると思いますが、昨今の彼らの目先の利益以外への狭量さ見ていると、これからの日本の科学、芸術が、引いては国力が…ああもうすぐ選挙ですね。

    Kazuo Ishiguroの著作ですが、「わたしを離さないで」は映像作品化されるくらいなので、結構エモーショナルで読みやすいと思います。
    私自身、頭の固い文学不感症なのですが、良かったですよ。

    • 木原 康明

      そうですね。最近は企業だけでなく官僚、さらには文部科学大臣までが目先の利益だけを考えて基礎をおろそかにする始末です。そんな状況ではここ数年は大丈夫でも、十年・二十年のスパンで考えると非常に暗い展望しか持てません。
      カズオ・イシグロさんの作品ですが、機会があれば一度触れてみようかとは思います。「わたしを離さないで」は今回のニュースでも度々取り上げられていますが、イシグロさんの作品に批評するもしないも、まずは一作でも読んでみないと批評する資格もありませんから、一度手に取ってみます。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA