アフリカ・マリで立てこもり事件

西アフリカのマリで立てこもり・銃撃事件が起きた。それによりPKO(国連平和維持活動)関係者1人と兵士複数が死亡した。PKOは混乱が収まり立ち直ろうとする地域に派遣されるもので、このPKO関係者は武装していなかったと思われる。言わばそこは建前上は安全地域とされていたわけで、安全地域で銃撃死亡事件が起きたことになる。

現在自衛隊の海外派兵が問題になっているが、その条件は安全地域及び後方支援に限定するということになっている。しかし安全地域とそうでない地域とは厳密に区別することなどは不可能だ。現に世界で一番安全と言われている日本でも殺人事件が年に数多く起きている。

安全な地域に派遣するのだから民間人を派遣すればよいと言った議員もいるが、全く馬鹿げた話だ。本当に安全な所なら派兵という話自体起こらないはずだ。危険はどこに潜んでいるかわからない。だから武装した自衛隊を派遣すると言っているのだ。安全な日本でも凶悪事件は起きる。だから警察は武装している。この様に日本のすべての地域で多数の武装した警官がパトロールしていることを忘れてはいけない。

もちろん敵を触発させ、紛争を拡大させるような派兵だけは絶対にしてはならない。しかし安全には犠牲は伴う。実際に日本国内でも武装した警官が年に複数犠牲になっている。しかし自衛隊に入らない自由が日本にはある。他国の紛争の現場に行きたくない人は行かない自由があるのだ。そのうえで入隊を志願する自衛隊員には頭が上がらない。今の日本の高い地位を維持できる一つの要因は彼らのような志高き人たちがいるからだということは忘れてはいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA