やはりプロスポーツは勝ってナンボ。ラグビーW杯より

スポーツのとって大事なことはいっぱいある。スポーツ精神、数字、健康維持などなど。しかし「プロ」スポーツにとって一番大事なのは「勝つこと」である。勝ってナンボの世界。いくら綺麗ごとを言ってもやはり勝たないと振り向く人は少なくなる。それをそのまま証明したのが現在行われているラグビーW杯だろう。

ラグビー日本代表は、初戦で優勝候補の南アフリカを倒した。それがどれだけの日本人を振り向かせたか。そういう僕もラグビーに注目したことはほとんどなく、今回の勝利で振り向いた超にわかファンである。そして2戦目のスコットランド戦は最初から最後までテレビで観戦した。

勝つことによって皆が振り向いてくれる。そしてその副次的な効果としてルールを覚えてもらえるということがある。僕も今までラグビーのルールさえまともに知らなかったが、今回のスコットランド戦を観て初めて大まかなルールを知ることとなった。

興味のないスポーツについてはそもそもルールを知らないということが多い。しかし世界で活躍する日本人選手、日本代表が勝つことにより、興味のなかったスポーツのルールを覚える。テニスの錦織選手、フェンシングの太田選手などがその最たるものである。

興味本位でスポーツをやっている市民はともかく、世界のトップを目指す選手は何をさておいても勝つことが一番重要なのである。非常に当たり前のことだが。

今回のラグビーにおいて南アに勝ったことは非常にうれしいが、それと同時にラグビーが日本でもっと認識されるきっかけになればまた嬉しい。五郎丸という珍しい名前も広く知れ渡り、現役ラグビー選手の名前も覚えるきっかけになった。

ラグビーが日本に定着するきっかけにする唯一の条件は勝ち続けることだけだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA