まずは目次を理解する。

本を読む時、何をもってその内容を理解したと言うのか?その一つの目安は目次を理解できたかどうかということだ。

目次を理解するというのは、一つは目次に書かれている見出しの内容を理解するということだが、その他にも、なぜそのような見出しがその順番、その流れで書かれているかということを掴むということでもある。内容を理解していないと、その流れの意味が掴めない。逆にポイントをしっかり掴めば、目次を見るだけで本の内容のほとんどを理解できる。

本を読む時、まずは目次にしっかりと目を通してみよう。読む前はおそらく目次に書かれている必然性を理解できない。しかし本のおおよそを理解した後には、目次の必然性を理解できるだろう。

目次を理解するということは、本の内容を理解することとニアリーイコールである。逆に本を読んだ後になっても目次を理解できないのならば、それは本の内容を理解していないということである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA