たった一回の人生に何を懸けるか?

当たり前の話だが、人生はたった一回しかない。そのたった一回の人生に何を懸けるか?

もちろん何かを懸けるとかそんな覚悟なしに、流れに身を任すという人生もあるだろう。どちらが良くて、どちらが悪いという話ではない。それはそれぞれの人生のスタイルと言えるのかもしれない。

ただ、人生は一回しかないのだから、複数の事を掛け持ちするのにも限度がある。そして人生の軸というものははっきりとしておいた方が良い。その「人生の軸」が懸けるものであろう。

人生の軸などというものは、時にはぶれる時もあるだろう。しかしそのような時にどう立て直すか?その時、何かに懸ける強い思いが方向性を明確にしてくれるに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA