これからの維新の会

今回の大阪市住民投票で維新の会が進める大阪都構想が敗れた。差はたった1%ほど。反対派は勝利したと雄たけびを挙げ、賛成派は負けを認めることになった。しかし結果は51対49。これは構想反対の結果を市民すべての民意だと受け取るにはあまりにも厳しい結果だ。勝利の祝杯を挙げる自民党議員がいる中、一人の自民党幹部は厳しい表情を浮かべていた。「この投票に勝者も敗者もない」と。

ところで今回の結果を受けての橋下氏の振る舞いは非常に潔い。反対派多数の確定が決まるや、即、大阪市長辞任ではなく政界引退を表明された。この橋下氏の進退、そして投票結果を受けての発言を聴くと、民主主義への多大な尊敬の念がうかがえる。橋下氏と言えば多少強引な手腕に頼るところがあり、好き嫌いのはっきり分かれる政治家であったが、今まで振り返ると要所要所では民意を聞き取ることにこだわっていたように思う。まさに強いリーダーシップを持った民主主義者ではなかったのではないだろうか。

これからの維新の会、そして維新の党であるが、いまメディアでは橋下氏がいなくなった維新は求心力をなくし、急速に勢力を落としていくのではないかと言われている。しかしこの橋下氏の会見、進退などの振る舞いを見て、好感を持った市民は多いはずだ。橋下氏は来年はもういないが、この橋下氏の残した遺産はこれからの維新に対してプラスの方向へ大きく作用するのではないかと思う。この橋下氏の遺産を生かすも殺すもこれからの維新の議員の政策・実行力・決断力次第である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA