”これからの人間”が追い出される社会。

”これからの人間”とは、もちろん子供のことである。

ある記事(読売オンライン)によると、最近の公園には、「走り回らない」や、さらには「大声を出さない」という注意書きがあるという。さらに、児童向けの遊具は撤去され、老人向けの健康器具が設置されているという。

高齢者社会になり、老人の住みやすい社会にするとの意気込みはわかるが、それに対して子供を追放するも同然の社会にするのは明らかにおかしい。走り回らず、大声を出さずにと言われれば、できるのは携帯ゲームくらいしかないだろう。

老人が多くなり、選挙で老人票が重視されるのはわからないではないが、その一方、選挙権のない子供が無視されるような社会にしてよいはずはない。政治家もその場しのぎの短絡的な政策に固執するのではなく、未来を見据えた子供の社会を考え、実行しなければならない。

このような現状で少子高齢化が問題だと訴えても、全く説得力がない。

誰もが昔は子供であったことを、忘れてはいないだろうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA