お金の価値。

お金の価値とは何か?と言う問いに答えることは意外に難しい。1000円は誰が見ても1000円だろ!と言いたくなるが、そもそもその1000円のお金とはどれだけの価値を持ち、何を意味するのか?と言う事は、現在の経済学をもってしても意見が分かれるところだ。昔は金本位制という制度によって、お金の価値が(貴金属の)金によって定義されていた。では金本位制が廃止された現在にとって、1000円という紙幣は何を意味するのか?明確な答えは確立していないように思える。

経済的なお金の価値とは別に、自分が考える自分にとってのお金の価値というものも人それぞれだろう。しかし次のように大きく分けられると僕は考えている。一つは千円はどのように手に入れたお金でも同じ千円だという考え。そしてもう一つは、同じ千円でもどのように手に入れたかによって大きく価値が異なるという考え。このどちらであるかと言う事によって、生き方も人生観も大きく変わると僕は思っている。僕は明確に後者の方である。

人生に基礎理念を打ち出し、そしてそれに基づいて何に取り組むべきか?と考えた時、お金に対する考えは重要になる。基本的には大きな金額のお金の方が価値があるが、ある時にはそれが必ずしも正しいとは言えないことがある。それは億万長者が(幸せな確率は高いかもしれないが)必ずしも幸せではないと言う事からもわかる。そして物事に対する感じ方も大きく変わるだろう。それが良いか悪いかは人それぞれの判断によるので、結論を断定することはできないが。

沢山のお金があればそれはそれで良い。ただ、そのお金の価値を満喫することが重要である。一億円あったとしても、それが百万円くらいの価値しか感じられず、百万円分の幸せしか感じられないのなら、それは百万円でしかない。逆に、百万円のお金で一億円に匹敵する価値を感じることが出来れば、それはお金を精神的にコントロールする最高の技術である。

お金の価値は、一つは社会経済に中にあり、一つは自分の思想の中にある。この二つにまたがるお金の価値を自分の中で上手くコントロールすることは、お金の価値を最大限に発揮するためにも非常に重要な事であろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA