「評価がない」のが一番苦しい。

社会の中で生きている限り、周りからの評価は付きものだ。何かのアクションを起こしている限り、何らかの評価が下される。時には、いや多くの場合、周りからダメ出しを食らったり、厳しい評価を下される。

確かに厳しい評価を下されるのは辛いかもしれないが、少なくとも周りから注目され評価を下される状況に立たされており、まだましと言えるのかもしれない。一番つらいのは、評価を下されることさえされない状況だ。

評価を下されない、つまり評価がないのは、それを続けるモチベーションを保つうえでもかなり厳しい状況だ。そのような状況を耐え、何とか日の目を浴びるところまで継続できるか?これはもう気力と興味を持って何とかたどり着くしかない。

最近話題の職業であるYou Tuberであるが、人気You Tuberと言えども、最初から何十万もの再生回数があるわけではない。とある人気You Tuberは、「最初の何か月、あるいは何年、再生回数が5回とか10回という状況を耐えられるか」ということを言っていた。即ち、評価されない時代をどう耐えるか?ということだ。

ネットで炎上という話題もよく聞くが、少なくとも彼らは炎上するほど注目されているということだ。少なくとも彼らはアクションを起こしている。

評価がないという「死のトンネル」を潜り抜けられるかどうか?そのためには周りの評価に一喜一憂しない「鈍感力」が必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA