「戦争法案」とは偏っていないか?

今、安保法案関連の話題が熱を帯び、内閣支持率も急降下している。その一番の理由は、いずれ日本が戦争に参加し、徴兵制度が復活するのではないかというものである。この様な不安の原因は安倍首相にある。安倍首相が十分な説明をしていないがため、国民の不安は日に日に大きくなり疑心暗鬼になっていく。

そしてもう一つは「戦争法案」という言葉だ。誰が初めに言ったかわからないが、今ではメディアも戦争法案という言葉を頻繁に使い、一般市民も戦争法案と口にする。しかしこの法案は「安保法案」であって、決して戦争法案ではない。何も安倍首相に肩入れするわけでなく、戦争法案という言葉があまりにも偏った考えを起こしてしまうのが問題だと思っているからである。

もちろんメディアも民衆も過激な言葉が好きな傾向がある。戦争法案と言えば戦争に直結するような法案は許せないとなる。そもそも戦争に関連することなら、今のままでも他国が日本に攻め込んできた時には「個別的自衛権」によって交戦できる事になっている。この様な事態を防ぐ狙いも安保法案にはあると言える。

安倍首相の政治もおかしいが、国民を煽る世論も偏っている。右翼と左翼とでもいうところか。国会前で「安保法案反対」と叫ぶのもいいが、それだけでなく各地で冷静に議論が行われるような、そんな風を吹かさなければいけないのではないかと思う。冷静に安保法案の良い点・問題点を双方から挙げていかなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA