「小さな正義にこだわる人は、大きな正義が見えない。」

これは、坂本龍馬をテーマとした深夜番組で黒鉄ヒロシが言っていた言葉だ。

今、日本国内だけではなく、世界が小さな正義で溢れ返っている。もちろん市民一人ひとりにとっては身近な出来事、身近な小さな問題に悩みを抱えるのは当然のことだが、一国の長であるような人物が小さな正義にこだわっているようでは話にならない。

学問においては、「小さな問題にこだわる人は、大きな問題が見えない」と言い換えることができるかもしれない。とは言え、学問の場合には、小さな問題の積み重ねの基に大きな問題が成り立っているという側面がある。なので、大きな問題を解くためには、小さな問題が解けることが前提となっている。しかしそれだけでなく、大きな問題を解くためには、物事の本質を捉えることが必須となる。

これらの言葉は広くとらえると、「近視眼的にしか物事を捉えられない人は、大局的に物事を見れない」と言うことができるであろう。坂本龍馬はまさしく大局的に物事を捉える達人であった。それに一つ加えると、龍馬は常にリスクを取り続けていたと言える。「命」というリスクを。

今、社会では様々なことが問題になっているが、そのようなことが大きな社会問題になっているのは、小さな正義にこだわっているということが理由の一つかもしれない。現在の問題も、十年、百年単位のスパンで考え直すことが必要ではないかと強く感じる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA