「学ぶ」のではなく、「落とし込む」。

人生において学ぶことは非常に重要だが、ただ無目的に学べばいいという訳ではない。重要なのはフレームをしっかりと構築したうえで、その枠組みに「落とし込む」ことだ。

「学ぶ」と「落とし込む」は何が違うのか?学ぶことに対してはスタイルはあまり関係ないが、落とし込むためには自分のスタイルを確立していなければならない。自分がどのような人間か?そして何を目的に生きているか?そのように、自分という人間をしっかりと認識していなければ落とし込むことはできない。

もちろん落とし込むという作業の前段階には、学ぶという作業が必要だ。何かを学んだうえでそれを落とし込むか、排除するか、そのような判断力を身に付けていなければならない。

落とし込むという技術を身に付けるためには、それなりの訓練が必要だ。あるいは経験が必要かも知れない。しかし落とし込む技術を身に付ければ、学ぶという行為に対する効率が飛躍的に向上する。

学ぶときには、落とし込むことを想定して先読みしなければならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA